×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

データ・バックアップの重要性

データ・バックアップの重要性

データ・バックアップの重要性について、どれだけの人や企業が認識しているのでしょうか。

 

 

 

パソコンをそれなりに長期間使い使い続けてきた人なら、HDD(ハードディスク)のクラッシュを体験したことがあると思います。

 

 

 

パソコンやハードディスクが壊れることは日常的によく起こりうることです。

 

 

 

現実としてパソコン端末が故障して、データが消失してしまってから、事の重大さに気づくというケースが殆どではないでしょうか。

 

 

 

大企業においてこのようなデータ消失が起きた場合、損害は計り知れません、数百万?数億円といった多額のコストがかかると思われます。

 

 

 

企業専用のアプリケーションソフトなどが失われた場合、最悪で業務が遂行できない状態まで追い詰められる可能性もあるでしょう。

 

 

 

顧客情報や経理データなどの復旧ができなければ信用問題へと発展して企業イメージが大幅にダウンすることになります。

 

 

 

個人レベルでも、データがなくなっては困ると思いつつ、つい忙しさにかまけてバックアップをおろそかにしている人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

自分は大丈夫、ちゃんとバックアップを取っているから、という方でも席の隣に置いてあるパソコンやファイルサーバに置いていることが多いようです。

 

 

 

結局はハードディスクの中にデータをバックアップしているに過ぎませんから、人為的なミスや突然のクラッシュならまだしも、災害やテロといった事態には対応できないということになります。