×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハードディスク 修復

ハードディスク復旧の方法は、大きく分けると2つの復旧の方法に分けられます。

ハードディスク復旧の方法は、大きく分けると2つの復旧の方法に分けられます。

 

 

 

それは、ハードディスク故障が、ハード的故障(ハードディスク本体の故障)である場合、とソフト的故障である場合に分けられます。

 

 

 

ハード的故障というのは、ハードディスクの本体が物理的に破損した場合の故障になります。

 

 

 

破損する部位(部品)によって症状もさまざまですが、多くの物理的破損の場合は、ハードディスク内のデータを復元できる可能性は低いと考えたほうがいいでしょう。

 

 

 

次に、ハードディスクのソフト的故障について、ハードディスクのデータを読み書きするタイミングで、動作中に電源がダウンした等の原因でハードディスクのデータを間違ったルールでハードディスク上に書き込んだ場合のことです。

 

 

 

「論理的故障」ともいいますが、問題のあるデータ以外のデータを復旧できる可能性は高いです。

 

 

 

注意したいのは、手順を間違えると正常だったデータ領域まで異常な記録状態にしてしまったり、正常なデータの記録をなくしてしまったりしますので、ハードディスク復旧の方法は慎重な作業が必要です。

 

 

 

ハードディスクの故障やハードディスククラッシュの時には、自分でハードディスク復旧の方法を試みるときは、バックアップを取るなどして最悪全部のデータが修復できなくてもしかたないくらいの気持ちで行ってください。

 

 

 

自信のない場合や重要な情報の紛失を避けるためには専門の業者に依頼することも必要でしょう。

 

 

 

その際にはデータ流出のセキュリティーに信頼できる業者を選びましょう。

 

 

 

そうなるまえに、ふだんから定期的なバックアップを行うようにすることが大切なデータを守る一番有効なハードディスク復旧の方法でしょう。