×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本データ復旧サービスセンター

日本データ復旧サービスセンター

日本データ復旧サービスセンターは、AOSテクノロジーズ株式会社が運営しています。

 

 

 

この会社は1995年3月に創立され、データ復元ソフト「ファイナルデータ」シリーズの発売元として有名です。

 

 

 

ほかにもネットセキュリティポータルサイト「Security119.jp」などを運営しています。

 

 

 

日本データ復旧サービスセンターはパソコン、ハードディスク、最近個人でも導入する人が増えているRAIDシステムなどで障害がおきてデーターが消失した時に、データ復旧をしてくれるサービスを提供しています。
初期診断が無料、復旧できなかった場合のハードディスクの解体費が無料、成功型報酬のため復旧できなかった時は作業代金が無料、年中無休で営業している、緊急事態に対応するために24時間受付をしてくれるということです。

 

 

 

また個人では修復が困難なハード的な故障が起きたときにもデータの復旧調査をしてくれます。

 

 

 

RAIDといって複数のハードディスクを仮想的な1台のハードディスクとして運用するシステムでデータが読み出せなくなった場合の調査、フォレンジックス調査といって、法的な問題を解決する為に、デジタルデータの調査解析、保全、復元などを行うサービスを提供しています。

 

 

 

他にパスワードを復旧するサービス、デジタルカメラのデータの復旧サービスなどの様々なサービスを提供しています。

 

 

 

パソコンに障害が起きて、日本データ復旧サービスセンターにサービスを申し込む時の手続きですがホームページ(http://data119.jp/index.html)にアクセスして、お申し込みの手順というページに詳しく説明されていますので、日本データ復旧サービスセンターのホームページを参照されると良いでしょう。

 

 

 

最初に、障害の起きたパソコンなどの媒体を宅急便でセンターに送って、初期調査をしてもらいますが、初期調査は無料ですので大事なデータを復旧させたい時は、日本データ復旧サービスセンターに初期調査をお願いしてみてはどうでしょうか。