×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

USBメモリのデータ復旧について

USBメモリのデータ復旧について

USBメモリのデータ復旧についてご説明いたします。

 

 

 

USBメモリーのデータ復旧といっても、その要因はさまざまです。

 

 

 

まず、USBメモリーが物理的に壊れた場合。

 

 

 

落下にて破損したり、水没してしまい本体自体の電源が入らない場合この場合は、個人でデータ復旧することは、まず無理だと思われます。

 

 

 

しかし、USBメモリーに入っていたデータが大変重要なものであったり、お金はどれだけかかっても復旧したいという場合は、業者に依頼してみるという手段もあります。

 

 

 

たとえば、データー復旧センターが提供するUSBメモリーデータを復旧するサービスなどがあります。

 

 

 

事前に見積をもらうことができるので、どのくらいお金がかかるかは見積により決めることができます。

 

 

 

データの種類によっては、10万円支払っても復旧して欲しいデータがあるものです。
是非ご検討ください。

 

 

 

物理的にUSBメモリーが破損した場合でないとき、すなわち削除してしまったデータを復旧させるのは、それほど難しいものではありません。

 

 

 

USBメモリーのデータは、パソコンのハードディスク上のデータと異なり削除したデータがゴミ箱に残りません。

 

 

 

そのため、一旦削除してしまうとデータ復旧することができません。

 

 

 

しかし、ゴミ箱に残らなくても、データー復旧ソフトを利用すれば、データを復旧することができる場合があります。

 

 

 

そしてそれらのソフトは、有料版もありますが、無料ソフトもあります。

 

 

 

Googleやヤフーなどで、「データー復旧 フリー」などと検索すれば結構ソフトを検索することができます。

 

 

 

USBメモリー対応となっていなくても、試して見る価値は十分あります。

 

 

 

有料版でも、数千円から、1万円超程度です。

 

 

 

しかし、こちらも完全ではありません。

 

 

 

とても古いデータなどは、復旧できない場合もありますので、まずは、フリーソフトなどで試してみることをお勧めします。