×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オンラインから利用可能なデータ復旧ソフトウェア

オンラインから利用可能なデータ復旧ソフトウェア

オンラインから利用可能なデータ復旧ソフトウェアの紹介です。

 

 

 

削除したデータを復旧させる製品は、通常、コンピュータにインストールした後にデータ復旧が可能なのですが、 LIVEDATAが開発したオンラインデータ復旧製品「エクストリーム(XTREME)」は、オンラインから利用可能なデータ復旧ソフトウェアなのです。

 

 

 

初心者でも数回操作するだけで、簡単にデータ復旧が行えるというソフトです。

 

 

 

現在、国内唯一のデータ復旧ソフトウェアです。

 

 

 

ゴミ箱から削除したファイル、Shift+Deleteキーで削除したファイル、さらにはフォーマットしてしまったディスクのファイルやパーティションまで復旧できます。

 

 

 

 

 

「ゴミ箱を空にする」操作は、ファイルのデータ全体を消したということではなくファイルが存在する位置情報を消したということです。
よってフォーマットしたハードディスクも元々のデータを復旧することができます。

 

 

 

ここへ、データーを上書きするような操作を入れると、復旧が難しくなります。

 

 

 

だから、1.インストールやコピーをしない、2.デフラグツールを実行しない 、3.プログラムを実行しない、4.スキャンディスクを実行しない、等の注意が必要です。

 

 

 

現状を、いかに変更させないで保存できるかが、復旧率を左右させます。

 

 

 

復旧率は、損傷した状態で保存されたファイルがどれだけあるかによって決定されます。

 

 

 

FAT(File Alocation Table)系のファイルよりは、NTFSファイルの方が、フォーマット後の復旧率がかなり高いです。

 

 

 

パーティションを削除した場合は、その後の操作を誤らなければ、100%復旧可能です。

 

 

 

リカバリーCDを使用して復元操作を行った場合には、復旧率が著しく低下する可能性もあります。

 

 

 

XTREMEで、復旧可能なものは、ゴミ箱を空にした、ファイルをSHIFT+DELキーで削除した、ハードディスクをフォーマットした、パーティションを削除した、フォーマット後、Windowsを再インストールした、「フォーマットしてください」というエラーが出た、パーティションが消えてしまった、デジカメのメモリーデータを削除した、等の場合に限られます。