×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゲーム機市場が年末商戦値下げ交戦!

ゲーム機市場が年末商戦値下げ交戦!

11月21日に発売される「ニンテンドーDSi LL」=任天堂提供 一年のうちで最もゲームが売れる年末商戦がスタートした。今年は、ゲーム機本体の値下げや新型投入が相次ぎ盛り上がっている。市場の現状と各社の動きを調べました。

 

 

 

 携帯ゲーム機では、任天堂の「ニンテンドーDS」で、サイズが一回り大きくなった新型機「ニンテンドーDSi LL」が21日に発売されました。「脳トレ」ブームを起こし、国内累計2700万台を売り上げている大ヒット商品だが、7月に人気シリーズの最新作「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」(スクウェア・エニックス)が発売され、ソフト自体も400万本を超える大ヒットとなったが、DS本体の売り上げも急上昇。上半期の販売数は昨年同期比3割増の約170万台を記録した。さらに新型機の投入でメーンプラットホームの座を不動のものとしようと狙っている。

 

 

 

 一方、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「PSP」は、08年に発売されたアクションゲーム「モンスターハンターポータブル2nd G」(カプコン)の大ブレークで、本体も一気に普及したが、今年は目立ったソフトの発売がなく、上半期は前年同期比約5割減の80万台と勢いが止まった。10月1日から1万6800円に3000円の値下げを実施し、人気レースゲーム「グランツーリスモ」(SCE)の発売もあって、10月は前月比倍の17万台を販売。さらに、11月1日には、ダウンロード専用で小型になった新型機「PSP go」を発売した。だが、「PSP go」は同時発売のソフトが少なく、静かな滑り出しでキラータイトルの登場が待たれる。

 

 

 

 家庭用ゲーム機では、07年のヒット商品1位となり、08年も「Wiiフィット」がヒットした任天堂の「Wii」が、やはり“失速”し、前年比約5割減の約60万台となった。PSPで大ヒットしたモンスターハンターシリーズの新作「モンスターハンター3(トライ)」(カプコン)が発売された8月第1週は、前週の2万2000台から9万台に急伸。10月からは、価格を2万円に5000円値下げした。DSで550万本を売り上げた「Newスーパーマリオブラザーズ」(任天堂)の続編が年末に発売予定で“失速”を止められるか。

 

 

 

 SCEの「プレイステーション(PS)3」は9月、従来機の3分の2にスリム化、ハードディスクの容量も現行の80GBから120GBに増やした新型機を、1万円大幅値下げした2万9980円で発売。月間最多の31万台を販売し、ランキングでも06年11月の発売以来初の首位を獲得した。年末には、世界的な人気ゲームの最新作「ファイナルファンタジー(FF)13」(スクウェア・エニックス)が発売を控えている。「FF」は、「7」でPSを、「10」でPS2の本体普及を一気に引き上げており、PSの“エースタイトル”の動きに注目だ。

 

 

 

 マイクロソフト(MS)の「Xbox360」は、08年上半期とほぼ横ばいの約13万台。「スターオーシャン4」(スクウェア・エニックス)や「バイオハザード5」(カプコン)などが登場し、世界的大ヒット作の続編「ギアーズ オブ ウォー2」(MS)が発売された。9月には、高級機「エリート」を3万9800円から2万9800円に値下げし、PS3に対抗。9月の東京ゲームショウで、体を動かして操作する体感コントローラー「ナタル」を発表して注目を集めた。

 

 

 

 浜村弘一・エンターブレイン社長は「iPhoneなどがライバルとなり、ネットワークや操作方法などサービスの質が重要」と分析しています。

 

 

 

不況の最中、ゲーム機の人気は高いですが結果がどうなるか楽しみです。

 

 

 

引用:http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20091114mog00m200017000c.html